ADMISSION INFO.スタッフブログ

スタッフブログ

就労定着支援 -当センターの事例-

平成28年2月に就職したKさん。
Kさんの就職先は、全国的に有名なうなぎやさん。
その会社の贈答品や冷凍食品を製造する工場で製品出荷の業務をメインに担当されています。

就職後、『就労定着支援』のサービスが受けれることになったので、昨年10月から定期的に面談をさせていただいています。
面談のなかでは、「職場の人間関係」をご本人が上手に構築していく様子が見て取られます。
当センターからは、「職場の外からの視点」の感想を伝えさせてもらったり。
ご本人も『初めは、不安ばかりでしたが、ようやく職場になれてきて仕事もたくさん覚えてきて仕事が好きになりました』と毎日一生懸命です。
身体を使う仕事なので、定期的に整骨院に通ったりと身体のメンテナンスも怠りません。
いい時も大変な時もあると思いますが、頑張れKさん。

キャリアアシスト宮崎マラソン部の近況

支援員の原口です。
9月になりましたが、まだまだ暑い日が続きますね。

久しぶりにブログにマラソン大会記事に掲載します。
これまでに参加した大会の模様もまとめてアップしました。

4月14日(日)第34回2019宮崎シーガイアジョギング・ユニファイド大会

キャリアアシスト宮崎マラソン部に在籍している生活訓練利用者のIさんが5㎞に参加し、見事、自己記録を更新しました!やったね!
ベテランマラソンランナーである甲斐所長の指導を受けながら、約1ヵ月間走り込みを行ってきた成果ですね。

甲斐所長は、参加種目2位入賞。さすがです!
令和元年5月19日(日) 第32回えびの京町温泉マラソン大会
令和になって最初のマラソン大会です。生活訓練利用者のIさんが5㎞に参加。
あいにくの雨模様の中での大会になりましたが、怪我なく無事ゴール。
自己記録更新とはなりませんでしたが、「雨天で坂道の多いコースにしては、タイムが悪くはなかった。」との感想でした。

オリンピック金メダリストの野口みずきさんが、ゲストランナーでした。
令和元年8月25日(日) 第4回悠久の森ランニング大会
鹿児島県曽於市財部町 清流の森大川原峡キャンプ場で開催されました。初参加です。
今回は未舗装路を走る大会で、初めての経験になります。生活訓練利用者のIさんとともに5㎞に参加しました。

会場へ向かう途中、私が道を間違えてしまい、到着したのはスタート30分前!
あわてて準備し、準備運動もそこそこに走らなければなりませんでした。
Iさんすみませんでした。

今回も残念ながら天気は雨でしたが、全員無事完走。

Iさんは、「雨天の中、未舗装路を走るので、滑りそうで前半はゆっくり走りました。思っていたほど走りにくくなかったので後半はペースをあげて走ることができました。」との感想。大会を楽しんでいたようでした。

大会会場は、森の中の川沿いを走るコースで天気が良ければ、気持ちよく走れるだろうなと思われる大会でした。
いよいよこれからマラソンシーズンに入ます。いろいろな大会に参加する予定なので、大会の様子をブログに掲載していきます。

夏の野菜(^^♪

ブログ更新、すっかりご無沙汰してしまいました!!

1ヶ月ぶりに再開しました!

 

8月は、順調に移行支援から就職も決まりました。(これからが本番です!)

生活訓練では「お金の管理~お小遣い帳をつける~」のグループワークも行いました。

インターンシップの体験者も無事に終了。

 

そして、そして、、、圃場では、、。

たくさんの、たくさんの、ほんとにたくさんの夏野菜が実りましたよーーー!!

 

ということで、夏の野菜の代表格「茄子=ナス」ですっ!!

濃紫紺の色が艶々として、まるまるっと太った今年のナスたち☆彡

 

春風そよぐ日も、

梅雨のジトジトした日も、

照りつける太陽の下でも、

今年もナスに会いたくて、圃場作業のみんなが丹精込めて育てたナスたち☆彡

 

みんなで圃場作業の方へと大地の恵みに感謝して美味しく頂きまーす!!(合掌)

 

2月2日 マネー塾「お給料をもらったときの体験ワーク」を終えて

こんにちわ。

広報担当の蛯原です。

3連休の中日ですが、全国的に寒気が戻るなど、荒れ模様のお天気になっているようですね。

そんな日は、お出掛けよりも家でゆっくりのんびり過ごしてみるのもよいのではないでしょうか?明日もお休みですから、お部屋のイメージチェンジをしたり、家族と料理をしながら食事や会話を楽しんだり・・・そんな充実した休日をとれるといいですね。

さて、2月2日に当センターで「お給料をもらったときの体験ワーク」と題して、働きだしてからの生活を考えたワークショップを開催しました。休みの日にも関わらずたくさんの方が参加してくださいました。

今回は、その一部を写真にてご紹介します。

参加者は、宮崎市外の高鍋町、国富町、小林市からも来て下さり、みんなでワイワイ!!

鹿野先生も今回当センターに3回目ということで、更にパワーアップ!!

お金はいざという時の生活のために貯めることも大事ですし、使うことも大事です。いずれにしても「計画的に」ということを念頭におきましょう。

まずは、1ヶ月の遣り繰りからチャレンジです!

20190202_130915IMG_372920190202_14584020190202_144718

 

保護者のための勉強会&意見交換会

みなさん、こんにちわ!広報担当の蛯原です。
今日も空気が澄んで気持ちのいい青空の一日となりましたね。
今日は、当センターに約10名程の保護者の方がお越しになられました。
日頃より、多忙な身にもかかわらず、約2時間という貴重な時間を戴きました。

お話しできることは、センターが利用者の方に提供している支援のこと。
それと、働くことを目的として利用できる福祉サービスのことや、
障害者雇用制度も抑えながらでしたので、少し難しい話になりましたが、
みなさん、最後まで聞いてくださいました。(ありがとうございました。)

後半は、見学と意見交換会。
移行支援と生活訓練から2名の支援員も加わり、移行支援についてのご質問にも答えました。
ここで、お話しした一部をご紹介しますと、

宮崎県には、約50の就労移行支援事業所があるそうです。(平成29年3月国保連データ調べ)
全国は3100ヶ所、九州は583ヶ所で一番多い県は福岡県二番目は沖縄県(平成30年1月国保連実績)
ちなみに、就労継続支援A型は51ヶ所。(平成29年3月国保連データ調べ)
全国は3,761ヶ所、九州は819ヶ所で一番多い県は福岡県二番目は熊本県(平成30年1月国保連実績)

就労移行支援事業所が提供している支援内容については、
その事業所方針により千差万別だと言われておりますが、
就労移行支援もA型事業所も一般就労を目的としているということにかわりはありません。

そんなデータ的なところから、自分達の住んでいる街にはどんな就労移行支援事業所があるんだろう。
A型事業所はあるんだろう。
どんな支援をしているんだろう。
と、少しでも興味を持っていただけるといいなあと思いました。

障害のある方も社会参加ができる時代になりました。
今、輝いている人達がたくさんいることをもっと多くの方に知ってほしいと思います。

保護者の方から多くの意見を伺うことが出来て、とても良かったと当時に、
もっとセンターの活動や支援内容について発信していきたいなと思います。

illust3433